その理由は脳は左右

ギブアンドテイクの関係は長続きすると見込まれる。たいていの人は「一人のみが愛を与えられている状態になることが苦手」とする場合が多い。言い換えるならば、「受けたお恩義は相手にも返したくなる心理」が働くということである。
常にくしゃみを両手で口を隠して、なんとか音を小さくしようとする人は小悪魔体質である。それほどまで周りを見て、動いている人は、関係ない人にでも配慮することができるので、モテることが見込まれる。
口づけをすることで、実は相手の生き物としての情報を探り、相性がぴったりの彼、彼女を選り抜く。口づけで認められない、ということは生物学的には相性が×。
その吐息に触れる世の中のものを全てかけがえのないものに変えてしまう、これこそが愛の魔法ということ。まるで、暖かい光で黒い邪悪な雨雲さえ金にする輝く星みたい。
恋をしているときは、テストの点数が下降する人が少なくない。その理由は脳は左右でいわゆる論理脳といわゆる感覚脳に役割が分かれ、本当の恋をしてるタイミングならば感情を支配する右脳が普段よりも活発に機能しているのが要因である。
[PR]

# by padamundayo101 | 2013-02-27 14:22